ビブショーツの技術


  1. ビブショーツの技術
  2. シャモアの技術
  3. 女性用シャモア
  4. ビブショーツの生産
  5. シャモアの生産

RedWhiteのビブショーツは長距離走行やレースで使用するために設計されました。海外で人気の超長距離レース「トランスコンチネンタルレース」や「パリ・ブレスト・パリ」などの参加者たちの間でもRedWhiteのビブショーツが愛用されています。その高い評価は莫大な量のノウハウと技術に裏付けされています。RedWhiteのビブショーツを構成している各部材の概要と長距離走行における使用方法について説明いたします。

ここでは男性用と女性用の両方に共通する技術についてお話しします。



シャモア(パッド)

RedWhiteのビブパンツに採用したシャモアを開発するにあたり、現在最も革新的なデザイナーと共にヨーロッパ中の工房で試作したすべてのサンプルを詳細に分析しました。そしてついにヨーロッパ最高のシャモアにたどり着きました。それはきわめて贅沢で手の込んだものでした。

RedWhiteのシャモアはイタリアで作られています。密度が異なるオープンセル発泡体を何層も重ね合わせています。シャモアの後ろ側になるほど厚くなっていて長時間にわたる走行でも最適な座位を保つことができます。

より積極的なサイクリストのニーズに対応するために、シャモアは会陰に合わせて細長く取り付けられています。使用者のおしりがサドルに押しつけられたり傾いたりしても十分な快適さを保ちます。

RedWhiteのシャモアは独創的で革新的な方法で作られています。

一般的なシャモアは昔ながらの方法で作られています。皮膚に直接触れる表面には4mm厚の低密度発泡体を使い、それに密度の異なる10mm厚及び2.5mm厚の高密度泡層ポリウレタン・セルロイドストリップを貼り付けます。それぞれのレイヤーを構成する素材はあらかじめシャモアの形状に切断されていて、それらを重ね合わせた後に全体を190℃まで温めて溶着します。このような方法では材料に不要な応力を与えてしまい、硬化や通気性の低下を引き起こしてしまいます。また経年劣化や使い方によってはセルロイドストリップが劣化してレイヤーが剥離してしまう場合があります。

私たちRedWhiteのシャモアは最高の通気性と耐久性を備えています。それは最新のプロセスによって製造されています。複数のレイヤーはまるで1つの固体のように一体化しています。

シャモアを構成するレイヤーを重ね合わせます。この複数の素材からなる層はラミネートと呼ばれます。これをカッティングマシンにかけておおよその形状にプレカットします。その後カービングマシンによってさらにシャモアの形状に整えます。

このようにして整形された素材に有孔超弾性ライクラ生地を融着します。 これは重要な工程です。 ライクラの裏地によってサドルとの摩擦の影響を軽減し身体の移動を楽にします。

素材に生地を貼り付けたら最後に成形型に入れます。熱成形機は全ての層を穏やかに溶融して3D形状に成形します。このときパッドの個々の素材にはストレスはかかりません。

優れた現代版シャモアはこのようにして生み出されたのです。

  1. 数時間ほどで形くずれを起こすことなく繰り返し使用できます。
  2. 60℃のお湯で洗浄でき耐久性があり長持ちします。
  3. 柔らかく通気性があり発泡体と生地にストレスを与えません。

シリコーンマイクロドットグリッパー(滑り止め)

ビブパンツがずり落ちないためには滑り止めが必要です。RedWhiteの ビブショーツでは先進の「シリコーンマイクロドットグリッパー」によって長距離走行でも足を過度に締め付けることなく、必要なグリップを実現しています。

これは数百のシリコーンのマイクロビーズをライクラの生地に圧着したものです。 ライクラの生地によって皮膚呼吸を妨げることなく、そして太ももを過度に締め付けることもなく、各ドットによって非粘着性のグリップが実現します。

シリコーンマイクロドットグリッパーの表面積理論によって次の2つの素晴らしい効果が得られます。

  1. ドット間の面積が増加して皮膚呼吸がしやすくなります。
  2. まるで「ヤモリ」のように肌にぴったりとフィットします。 毛深い脚でも剃った脚でも効果的です。

ライクラ生地によるボディと組み合わせることで、すべての面で均一な圧縮を得られます。


ファブリック(生地)

RedWhiteのビブショーツではイタリア製の生地を使用しています。 これは開発時に候補に挙がった12種類の生地の中から慎重に選び出したものです。使用する生地組成の20%はライクラ繊維(圧縮品質を有する弾性繊維)で、残り80%が220gsmのナイロンです。

この選択には理由があります。

RedWhiteのビブショーツは柔らかくしなやかで、通気性の高いライクラ生地を使用することで自然な肌触りを実現しました。ポリエステル製ライクラには無い特長として、優れた耐摩耗性をも実現しました。

美しいグラフィックのビブショーツを販売して欲しいというお客様の声を良くいただきます。 実はRedWhiteのビブショーツが黒いのには理由があるのです。

一般的なサイクリング用ビブショーツでは、グラフィックは昇華印刷と呼ばれるプロセスを使用してストレッチ織物に印刷されます。 インクを紙に印刷し、それを熱プレスして布の中の繊維に色付けをします。 このプロセスはポリエステル製の布でのみ可能です。 ナイロン製の布では昇華印刷プロセスによる熱を受けると劣化してしまうのです。

トップメッシュにはM.I.T.I.製の繊維の中でも最高級のものを使用しています。 それは信じられないほど伸縮性があり軽量で柔らかいです。 これらの3つの特性によって、炎天下でも熱をこもらせずにビブショーツのストラップを大きくできました。 ストラップのメッシュ面積を増やしたことでストラップとショーツは一体化し、まるで1ピースのスーツのように感じられるのです。


カラダに吸い付くようにフィットします

ビブショーツを正しくフィットするように着てください。自転車をこぎ始めると同時にまるで消えてしまったかのように感じるはずです。 あのイライラする揺さぶりはありません。身体に合ったサイズを選ぶことはもちろん必要ですが、正しくフィットするように着ることはとても重要です。 独立したパネルによって乗り手の身長と体幅の両方にフィットするのです。

多くの人がビブショーツを着た時につらく感じるポイントは次の通りです。

  1. 私たちのほとんどは若干お腹が出ていますので、締め付けられるような感じがします。 私たちの全員がイングランドの名選手クリス・フルームのようなスリムな体なわけではありません。
  2. 自転車に乗っているときにビブ・ストラップが外れることはまずありませんが、エアロポジションに入ったときにたるんだり外れたりします。

これらのフィッティングの問題に対応するために大型のフロントパネルをへそのすぐ下に追加しました。 このパネルは下腹部と腹部に水平にカッティングされていないため腹部が広がる余裕があります。 これにより腹式呼吸の邪魔をせずに吸気量を増加しました。 この特性はきつめのビブショーツを望む人にはあまり好まれません。

トップメッシュは他社のショーツでよく見られるような水平方向にではなくライクラ生地のカーブに沿って裁断されています。 身体を抱きしめるようなメッシュによってユーザーが自転車から降りてもスキンスーツのようにフィットします。 RedWhiteのビブショーツは、自転車に乗っていても乗り降りしてもぴったりとフィットし続けます。


100%フラットロックステッチ

両脇全体にフラットロックステッチが採用されていますので、縫い目が擦れてもほつれません。 極めて高密度なフラットロックステッチは経験豊富な職人の手と特殊なミシンによって裁縫されています。

フラットロックステッチによる縫い目には凸凹がありませんので、布による擦れを防いで長時間の乗り心地を向上させます。


次の記事「シャモアの技術